アトピーでもキレイモで脱毛できる?全身脱毛したいけど、肌トラブルがある時

 

全身脱毛をしたいな、と考えているけれど、肌が弱くてアトピーだから脱毛はできない、と諦めていませんか。

乾燥肌やアトピーの場合、肌はダメージを受けやすいので通常の肌の人よりは注意が必要です。しかし、アトピーだからといって脱毛を諦めてしまう必要はありませんよ。

今回の記事では、アトピーの場合なぜ脱毛が危険なのか、アトピーだと脱毛はできないのか、などを解説していきます。

カウンセリングではアトピー肌の人の相談にものってくれるので安心!

キレイモでは、初回カウンセリングのときに肌をチェックして相談にのってくれます。

キレイモの脱毛は、冷たいジェルを塗る必要もなく、肌に負担が少ない脱毛器を使っています。また、キレイモには肌トラブルが起こった場合でも医師との連携をとっているのでドクターに相談することが可能な環境です。

アトピーで脱毛を行うと危険なの?

アトピーや敏感肌の人は、肌に刺激を与えるような行動を日頃から控えていますよね。よって全身脱毛もできないと思い込みがちです。

しかし、カミソリで自己処理を行っていても、肌へは負担がかかっています。カミソリは毛を剃るときに肌表面も傷つけていますので、肌へはとっても大きなダメージを与えているのです。

アトピーの人は肌のバリア機能が低く、フラッシュ脱毛の光刺激を強く受けてしまうという側面はありますが、自己処理を続けていても肌へはダメージを与え続けることになります。

よって、自己処理をしていても肌へは負担をかけることになりますから、一概に脱毛が危険とはいえないのです。

フラッシュ脱毛の刺激はどうしてアトピー肌へ負担を当てるの?

キレイモではIPL脱毛という方法を使ったフラッシュ脱毛で脱毛を行います。このフラッシュ脱毛は光を肌へ照射するので、それが肌へのダメージとなってしまいます。

フラッシュ脱毛の仕組みは、毛の黒い部分に反応することで毛を弱くして抜け落ちるようにしていく方法です。よって、アトピーで色素沈着をおこしていれば、その黒い部分が光と反応してダメージになってしまう可能性があります。

また、アトピー肌の人は肌のバリア機能が低下している状態です。よって、肌表面の細胞はとても薄くなってしまっていることがあります。ここへ刺激を与えてしまうと、肌へのダメージを蓄積することになり、どんどん肌を弱めてしまうことがあるのです。

まとめ:アトピーの全身脱毛も可能。ただし、事前カウンセリングで十分チェックを

アトピーでも全身脱毛を行えないわけではなりません。しかし、乾燥の度合いや色素沈着の度合いによっては施術できない箇所がある可能性があります。

また、アトピーの場合は肌が弱っているのは事実です。弱った肌に光を当てて脱毛することに抵抗があるかもしれませんが、自己処理を続けていても肌へのダメージは非常に大きいものとなります。

アトピーでも全身脱毛を検討している場合は、サロンで実際に肌を見てもらいましょう。スタッフさんは脱毛のプロなので、脱毛できる状態かどうかを判断してくれますよ。

SNSでもご購読できます。