キレイモで脱毛前の自己処理はどうする?シェービングの基本をおさらい

脱毛サロンで脱毛する際は、前日までに自己処理を済ませておく必要があります。

今回の記事では、自己処理の方法や自己処理を忘れてしまった場合のキレイモの対応などを解説していきます。

キレイモへ行く前日はシェービングで自己処理を!

キレイモで脱毛する前の自己処理は、できるだけカミソリか電気シェーバーを使うようにしましょう。

  • カミソリ
  • 電気シェーバー

カミソリのメリットとデメリット

カミソリのメリットは、コスパが良いこと、いつでもどこでも手軽に入手できること、仕上がりが良いことがあげられます。

カミソリは安いものであれば数百円で入手することができますし、コンビニでも購入することができますよね。また、処理直後は見た目が良く、毛がなかったかのように仕上げることができます。

しかし、デメリットとして肌へダメージを与えてしまいます。カミソリが削っているのは毛だけではなく、皮膚の表面の角質も削ってしまっています。

それにより、乾燥肌が悪化したり、不衛生な状態では細菌感染をおこしたりしてしまいます。清潔な肌にしてから脱毛を行うこと、脱毛後の保湿は必須となります。

電気シェーバーのメリットとデメリット

電気シェーバーのメリットは、毛穴や肌へのダメージが少ない処です。電気シェーバーは深剃りすることはできません。

しかし、肌の表面全体を削り取らないので、肌へのダメージを少なくすることができます。また、毛穴の毛にも届かないので毛が埋没してしまうこともありません。

デメリットとしては、費用がかかってしまうことが挙げられます。安いものでも2,000円以上しますから、カミソリよりは初期費用がかかります。また、深剃りできないので仕上がりもカミソリよりは劣ってしまうでしょう。

絶対NG!毛抜きでの脱毛

光脱毛は、メラニン色素に反応する光を使った施術です。

カミソリやシェーバーなどでの自己処理では、毛根よりも上の部分の毛を剃ることになります。

このときに残った部分の色素が光と反応して脱毛していくのがサロンでの脱毛の仕組みです。

しかし、毛抜きで抜くと、毛根ギリギリから毛が抜けてしまいます。毛根付近の毛が残らないと、光と反応する部分の毛が無くなってしまうので、脱毛効果を得ることができなくなってしまいます。

自己処理を忘れてもプランによっては無料で処理をしてもらえることも

キレイモで自己処理を忘れてしまった場合は、回数パックプランであれば追加料金無しでスタッフさんがシェービングをしてくれます。

しかし、月額制の場合は1,000円の追加料金がかかってしまいます。

そり残しがある場合もこの追加料金がかかってきますので、月額制の場合はそり残しがないかしっかり注意して自己処理を行いましょう。

まとめ:自己処理はカミソリかシェーバーで!そり残しに注意しよう

肌に優しい自己処理なら電気シェーバー、仕上がりを綺麗に、コスパを良くするならカミソリでの自己処理が最適です。

キレイモでは、月額制プランを契約している場合、そり残しがあるだけでも1,000円の費用をとられてしまうので、丁寧に自己処理を行うようにしてくださいね。

SNSでもご購読できます。