キレイモでお手入れ後の正しいケアやNG行動とは?効果的な脱毛のために

お手入れ後に行ってはいけないNG行動について、知っていますか?

今回は、キレイモでの脱毛後に行ってはいけない行動について解説します。

キレイモに限らず、銀座カラーや脱毛ラボなど他のサロンで脱毛をしている人も、次のような行動は控えるようにしてくださいね。

脱毛サロンへ行く前にチェック!NG行動5つ

キレイモをはじめとする多くの脱毛サロンが、施術を受ける方に控えるようお願いしているのは次の5つです。

  1. 過度な飲酒
  2. 肌の乾燥
  3. 激しい運動
  4. 長い入浴
  5. 薬の服用

飲酒

脱毛の後の肌は、熱を帯びていて少しダメージを受けています。血行がよくなる行動やメイク、日焼けなど、日常では問題ないことでもダメージになってしまうのです。

飲酒がNGな理由は、アルコールが血行をよくしてしまうからです。普段ならなんともないことでも、脱毛で敏感になっている肌にとってはダメージになってしまうのです。

また、脱毛で敏感になった肌の血行がよくなると、肌をかきむしってしまうおそれもあります。さらに、肌を掻きむしると、かゆさをどんどん強く感じるようになります。そして、肌のかゆみを強く感じすぎると、かゆくなくとも皮膚をかきむしるクセができてしまう。日常的にかゆくなくてもかいてしまう……という悪循環になるおそれもあります。

お酒好きの女子も、脱毛の後はお酒を控えるようにしましょう。

肌の乾燥

脱毛直後は肌が乾燥している状態になります。よって、保湿は必須!どこのサロンでも、脱毛した後はローションで保湿をしてくれます。それほど、脱毛直後の保湿は重要なのです。

脱毛後に肌が乾燥していると毛嚢炎と呼ばれる皮膚の病気になる可能性があります。毛嚢炎とは、普段から肌表面にいるブドウ球菌が毛穴に入り込み、炎症を起こす病気です。

肌のバリアができていれば菌が入り込む危険性を下げることができるので、脱毛した日はボディクリームや乳液を塗り込むなどで対策をしておきましょう。

激しい運動

運動がNGな理由もお酒と同じで、血行がよくなると炎症を起こしてしまう可能性があるからです。

飲酒は、美容の大敵なイメージがありますが、運動は美容に良いイメージがありますよね。毎日ジョギングをしたり、ジムに通ったりしている人も、脱毛後はやめておきましょう。

長い入浴

脱毛した日は長い入浴はやめましょう。

理由は、飲酒や運動と同じく血行が良くなりすぎるからです。

薬の服用

脱毛の光と薬が反応すると、稀にアレルギーを起こしてしまうことがあります。脱毛サロンのスタッフさんでも良いのですが、医学的な知識のあるドクターまたは薬剤師に「光脱毛を受けているけれど薬を飲んでもいいの?」と確認しておきましょう。

まとめ:NG行動に要注意!効果的な脱毛を行うために

脱毛後のNG行動について、解説しました。

日常的に習慣づいているものもあったのではないでしょうか。

ついついいつもの癖でやってしまうということも、脱毛施術の邪魔になる場合があります。

場合によっては肌へダメージを与えることにもつながるので、これらの行動は脱毛後は控えるようにしてくださいね。

SNSでもご購読できます。