キレイモに通う前日まで、当日の準備・注意点まとめました

脱毛サロンに通うときは、どのサロンでも事前準備や施術数日前からの禁止事項などがあります。また、サロンに通うときは体を綺麗にしておくのがマナーです。

今回の記事ではキレイモに通う前日・当日の禁止事項やマナーについて解説します。

初回カウンセリングで教えてくれる禁止事項を守ること

キレイモの初回カウンセリングでは、施術前の禁止事項を解説してくれます。

日焼け、薬の服用、ボディクリームの使用、飲酒、毛抜きでの自己処理など、NG事項がいくつかあります。

  • 日焼け
  • 薬の服用
  • ボディクリームの使用
  • 飲酒
  • 毛抜きでの自己処理

日焼け

キレイモでは日焼けをした肌に施術はできません。脱毛サロンに通っている期間は日焼けをしないようにしてください。日焼けをしてはいけない1番の理由は肌へのダメージが強くなってしまうからです。

キレイモでは肌にやさしいマシンと使っていますが、脱毛することで少しは肌へ刺激を与えてしまっています。そこへ日焼けのダメージが加わると肌を傷める原因となってしまうのです。

薬の服用

薬の中には、光に敏感になる光線過敏症というものを発症してしまうものがあります。この光線過敏症を発症してしまうと、肌が炎症を起こしてしまう原因となります。炎症をおこすと、痛みやかゆみ、脱毛効果が下がるなどのデメリットがあります。

キレイモでは、市販薬は施術前後3日、処方薬は施術前後1週間服用してはいけないというルールがあります。どうしても薬を飲まないと体がしんどい場合は、病院で相談するようにしてください。

ボディクリームの使用

ボディクリームの中でも油分が多いものは、毛穴につまってしまう可能性があります。ボディクリームが毛穴につまると脱毛効果が下がってしまう可能性があります。

乾燥肌でボディクリームを塗る習慣がある場合でも、脱毛の前日は化粧水を塗りこむ程度にしておきましょう。

飲酒

IPL脱毛を行う際には、肌を冷やす必要があります。キレイモの脱毛器は、脱毛と同時に冷却ができる機械を使用しています。飲酒をすると代謝が活発になり体温が上昇してしまいますので、施術の前日や当日の飲酒は避けるようにしてください。飲酒をしてしまうと肌の冷却を行うことができません。

毛抜きでの自己処理

キレイモの脱毛は、生えている毛に光をあてて、徐々になくなるようにする施術です。毛抜きで毛を抜いてしまうと、毛がない肌に光を照射することになるため、脱毛効果を得ることができません。

自己処理をしていくのはルールでありマナー

脱毛サロンにいく前日までには自己処理をしておく必要があります。カミソリやシェーバーで自己処理をして、ローションで保湿しておきましょう。

手の届かない部分はスタッフさんが自己処理を手伝ってくれます(ただし追加料金がかかる場合もあります)。

できるだけ肌にダメージが残らない方法で自己処理をしてからいきましょう。

清潔な体でいくのが基本

脱毛サロンでは裸になってジェルを体にのせ、丁寧に光を照射していきます。体が汚れている、不潔、管理不足による体臭などはスタッフさんの迷惑になってしまいます。体を綺麗にして施術を受けるのはお客さん側のマナーです。

まとめ:禁止事項は当然NG。清潔にしておくのがマナーです

キレイモで脱毛をする場合は、禁止事項があります。

日焼け、飲酒、薬の服用などには注意してください。

また、体を清潔にしておくのはサロンへ通ううえでのマナーです。前日にはお風呂に入って、体を清潔にしておいてくださいね。

SNSでもご購読できます。